NEWS

第35回卒業證書授与式[答辞(高等学校)](全文掲載)

2020.03.04

答辞

白き梅、芳しき蘭は花開き、春の色が増す今日の佳き日。
第35期卒業生のために、このような厳かな卒業証書授与式を挙行してくださり、ありがとうございます。
本日、ここに集うことができたことを大変嬉しく存じます。

学園長先生、校長先生を始め、ご来賓の皆様よりいただいたご祝辞や励ましの言葉をしっかりと心に刻みながら、いよいよ旅立ちの時が来たことを改めて実感いたします。

聖徳学園で過ごす時間は瞬く間に過ぎて行きました。
3年間・6年間の学園生活のなかで、私たちは「和」の精神のもと、
心を磨き、勉学に励み、生涯の友と出会うことができました。

卒業を迎えた今、仲間と共に創りあげてきた軌跡がここにあります。

みんなで手を取り合い踊った北蓼科校外学習。
お互いの意見を出し合い、ひとつの音楽を創りあげた合唱祭。
私たちが中心となり、責任感を持って成功させた聖徳祭。
どの競技にも手を抜かず、全力で競った体育祭。

みんなで取り組み、高校生活最後の行事をひとつずつ終えて行きました。

過ぎ去った日々を振りかえると、正門で一礼することや、下足箱で革靴のかかとを揃えること、「思いやりを形に表す」という日々の積み重ねが、私たちの根底にありました。

それは自分のためだけでなく、みんなのために、仲間がいたからこそ、
ここまで取り組むことができたのだと確信しています。

同じ制服を纏い、同じ食事をいただき、同じ空間で過ごすなかで、
私たちの偶然の出会いはいつしか運命へと形を変えていきました。
私たちの出会いは奇跡です。
聖徳での生活はかけがえのない人生の土台となり、これからの支えとなることでしょう。

今まで私たちを慕ってくれた後輩のみなさん。
部活動や委員会活動、友和班清掃での学年の垣根を越えた出会いは、
聖徳の仲間としての絆を深めることができました。
これからも本校の伝統と校風を受け継ぎ、聖徳らしい学園を創りあげていってください。

いつも支えてくださった先生方。
「ハッピーシード みんなで 自分で」という学年目標のもと、
未熟だった私たちの種を芽吹かせ、私たちが育つよう、いつもお力を添えてくださいました。
蕾が綻び、咲こうとしている今、私たちは先生方への気持ちを言葉では言い尽くせないほど、感謝いたしております。
どんな時も温かく導いてくださり、本当にありがとうございました。

そして、家族の皆様。
どんなに辛い時でもそっと背中を押してくれ、いつも側で見守ってくださったから、
充実した学園生活を送ることができました。本当にありがとうございます。
これからは少しでも恩返しができるよう、努力して参ります。

ついに旅立ちの日が来ました。
今日までの学園生活が、明日からは何もかもが思い出に変わります。

それぞれの道に進んでも、仲間と過ごした軌跡を、
ひとりひとりが心に深く刻み、私たちはいつまでも歩み続けることを、
卒業生一同、ここにお誓いいたします。

最後になりましたが、学園長先生をはじめ、諸先生方、来賓の皆様のご健康と、聖徳学園のますますのご発展をお祈りし、答辞の言葉とさせていただきます。

令和2年3月4日
聖徳大学附属女子高等学校  代表
(代表者名は個人情報保護のため表示しません)