NEWS

令和元年度の修了にあたって

2020.03.21

令和元年度の修了にあたって

生徒玄関前のミヤマガンショウは例年以上に大きく可憐な花をたくさん咲かせ、テニスコート横のソメイヨシノのつぼみははちきれんばかりに膨らんでいます。3月2日(月)から始まった「臨時休業」で皆さんが登校しない間に,聖徳女子中高の春はぐんぐんと歩みを進めています。例年より暖かな日が続いたからでしょうか。いつもは春休み中ににぎやかさが増すシジュウカラも、1,2週間ほど前から頻繁にその声を耳にするようになりました。
さて,本来ならば3月21日の「令和元年度 修了式」において,皆さんに直接お話しすべきことですが,周知のとおり新型コロナウイルスは依然として終息せず,皆さんの登校を許可することができない状況です。そこで書面を借りて,令和元年度修了にあたっての思いをお伝えします。
皆さんはこの「臨時休業」期間をどのように過ごしましたか。本校では皆さんの学びを止めないために,家庭学習課題を適切に課すなどの措置を講じてきました。Classiやロイロノートを使って,各教科担当者からの課題を配信してきましたが,配信された課題について主体的に取り組むことができていますか。
過日,臨時休業中の時間を上手に活用し,普段は時間がとれない探究的な課題や読書にも積極的に取り組むよう推奨しました。皆さんは長編小説の読書をしたり,各自の興味のある分野について各自で課題を設定し調べ学習を進めたり,自分自身の世界を深め広げる取り組みができましたか。
文部科学省のホームページには,臨時休業期間の皆さんの学習をサポートする「子供の学び応援サイト」が開設されています。他にもeラーニングのコンテンツが,各社から無償で提供されています。これらを上手に活用し,得意分野の学びを進めたり,苦手分野の克服に努めたりすることも可能です。
これから始まる春休みにも継続して,主体的な学びを進めてください。そして,皆さん一人ひとりがその成果をもって,来年度のスタートに臨んでほしいと願っています。
また,各学年ともに、学年だよりで学年主任、担任、副担任からのメッセージ等をお届けする予定です。この1年間をふり返りながら、次年度に向けて、目標設定や課題克服のための準備を進めていってほしいと思います。
修了式では例年,「1か年皆勤賞」「学業賞」等の表彰を行っています。表彰式は4月以降の全校集会等で行いたいと考えています。受賞した皆さんの努力に敬意を示すとともに,来年度はより多くの生徒が皆勤・成績優秀を目指してほしいと願っています。
依然として新型コロナウイルス感染拡大が続いています。流行を終息させるためには,これからの数週間が極めて重要な時期となります。臨時休業中に皆さんにお願いした感染の拡大を防止するための努力は,今後も続けていかねばなりません。春休み中も人の多く集まる場所等への外出を避け,基本的に自宅で過ごしてください。また,各家庭においても,咳エチケットや手洗い等の感染症対策を徹底し,皆さん一人ひとりが健康維持に努め,感染拡大を止める力となりましょう。そして,4月の始業式を,生徒・教職員が揃って元気に迎えましょう。
保護者の皆さまにおかれましては,日頃より本校の教育活動にご理解・ご協力いただきありがとうございます。新型コロナウイルス感染症については,先の読めぬ状況が続いております。本校はこれからも生徒一人ひとりの健康を守ることを第一に考え,対策を講じてまいります。引き続き,ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

令和2年3月21日
聖徳大学附属女子中学校・高等学校
    校 長  川 並 芳 純