blog

中2国語 ビブリオバトルの様子

2020.10.01

中2国語の授業で「ビブリオバトル」を実施しました。

 

ビブリオバトルとは、お気に入りの一冊を決められた時間内で紹介し、最も読みたくなった本を投票で決める熱いバトルのことです。

本校では中学生を中心に、国語科のプロジェクト学習の一つとして取り組んでいます。

 

2年生にとっては、今回が初めてのビブリオバトルでした。

 

*******************

 

いきなり練習を始めるのではなく、まずはビブリオバトルの動画を視聴しながら「良い発表の条件」を考えました。

 

・大きな声

・身振り手振り

・視線

・スピード

・抑揚

・感情の込め方

・聞き手への問いかけ

・ユーモア

 

など、生徒はさまざまな観点で「良い発表の条件」を考えてくれました。

 

提出された意見をもとに、今回のビブリオバトルのルーブリック(評価規準)を作りました。

 

 

 

 

*******************

 

本を読んだことのない聞き手にその本の魅力を存分に伝えるには、高いプレゼンテーション能力が求められます。

言葉選びも工夫しなければなりません。

 

練習の様子です。

3時間たっぷりと時間をとって、ビブリオバトルの準備をしました。

中には、iPadで発表の様子を撮影しているペアもいました。

 

休み時間も使って積極的に練習している様子が見られたのは嬉しく思いました。

 

 

*******************

 

生徒が選んだ本の一覧

 

おもてなし時空カフェ
人間失格
ドリトル先生アフリカ行き
文豪ストレイドッグス
わが家は幽世の質本屋さん―あやかしの娘と祓い屋の少年―
ワンダー
バケモノの子
この星を見上げたら、僕はキミの幸せを願う。
浅田家!
イシュタム・コード
煙草と悪魔
女の子のための人生のルール188
あたしンち
蜘蛛の糸・地獄変
火垂るの墓
絢爛たるグランドセーヌ
ブラック校則
死にたいけどトッポッキは食べたい
ブラックペアン
おじさまと猫
オズの魔法使い
もののけ屋
ある晴れた夏の朝
ヒトリコ
毒(ポイズン)
君たちはどう生きるか
うちの三姉妹
お化けのケーキ屋さん
WONDER
贖罪
ハッピーバースデー
+1cmlove
君が落とした青空
セロ弾きのゴーシュ
青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない
Another
満月の夜に君を見つける
こころ
ベルサイユのばら
ライオンのおやつ
ヘレン・ケラー物語
あのとき、僕らの歌声は。
パスポート
豆の上で眠る
夢を叶えるゾウ
赤毛のアン

 

本のジャンルは全くの自由です。

 

*******************

 

本番は各コース3~4回に分けて、それぞれの授業教室にて実施しました。

多くの先生にご参観いただきました!

ルーブリックを見ながら相互評価をし、誰の本が最も読みたくなったか最後に投票もしました。

 

果たして結果は・・・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LAコース

 

3位

川口祐海『イシュタム・コード』

 

 

2位

忍丸『わが家は幽世の質本屋さん ―あやかしの娘と祓い屋の少年―』

 

1位

ペク・セヒ『死にたいけどトッポッキは食べたい』

 

 

 

 

 

S探究コース

3位

額賀澪『ヒトリコ』

 

 

AAA『あのとき、僕らの歌声は。』

 

 

 

2位

綾辻行人『Another』

 

 

小川糸『ライオンのおやつ』

 

 

 

 

1位

水野敬也『夢を叶えるゾウ』

 

 

 

 

*******************

 

最後に、振り返りのコメントを一部紹介します。

 

・私は本をまったく読まないので、今回友達が紹介していた本を読んでみたいなと思いました。また、今回本を紹介する時、ずっと下を向いてしまっていたので、今度は友達の顔を見て紹介できるようにしたいです。

 

・他の人の発表を聞いて、「こういう言い方もあるんだな」などととても勉強になりました自分の発表の時、言うことは覚えていたつもりだったけど、いざとなったら文を3つくらい飛ばしてしまったので、もっと練習しなきゃいけなかったなと反省しました。

 

・メモを見ながら話してしまったので、もう少し顔を上げれば良かったなと思いました。みんなそれぞれ紹介する本が違うので、聞く楽しさがあって、読みたい本がたくさん増えました

 

・読みたいと思った本がたくさん見つかったのが嬉しかった。私は本を読むことが好きで、色々なジャンルに挑戦してみたいと思ったので、新しい発見が出来て良かった。全部読もうと思った。みんなの好きな本に性格が表れていて面白かったし、好きなものが同じ人と語りたいと思った。毎週開きたいと思ったくらい本への関心が高まったし、興味を持てた