blog

学級掲示を英語でつくろう!(高校生LAコース 活動報告 その1)

2019.07.10

4月からの高校生LAコースの活動を振り返り、ご報告致します。

4月には、教室内掲示物を英語で作成しました。

自分たちの履修する科目名や、係・委員会を、英語でどう表すかを学びました。生徒たちも様々なことを知り、気付くことができました。

例えば、委員会は

committee

です。mteが2つずつ連続するスペリング!なかなか珍しいですね。

「私は福祉委員会です」という場合は、

I’m in the Welfare Committee.

I belong to the Welfare Committee.

という具合になります。本校には、他に次のような委員会があります。

Life / Study / Clean-up / Books / School Broadcasting / Health / Culture / P.E. / Lunch / Student Association

 

さて、科目名は英語で何と言うのでしょうか?4年生LAコースの生徒たちは、本年度、次の科目を履修しています。

Japanese / Classical Japanese / World History / Japanese History / Mathematics / Chemistry / Physics / P.E. /

Japanese Calligraphy / English Communication and Presentation / Home Economics / Ogasawara Etiquette

そして、この活動は、「総合的な探究の時間」の中で行いました。ところで、この科目はどのように英語で言うのでしょうか???直訳すると

The Period for Integrated Inquiry Learning

となるはずですが、William先生にお尋ねしたところ、これも間違いではないが、ネイティブが使うには長すぎるとのこと…。やはり、一般的な「総合学習」としてよく使われている

Integrated Studies や、General Studies あたりが無難なようです。

また、生徒の主体性の程度にもよりますが、Independent Research なんかもよいとのことでした。

日本語を自然な英語に直すのって、難しいですね。

 

それでは、どの生徒も、自分の所属した委員会や係(両方兼務の人も!)において、1年間よい仕事をしていってくださいね。