blog

【iPad活用】Com英II 読めないものは聴き取れない

2019.09.12

  1. 【iPad活用】コミュ英II 読めないものは聴き取れない

9/12(木)の5C Communication 英語II
授業の様子を紹介します。

本時はListening力向上のために
〈読む〉ことに焦点を当てた授業をしました。

皆さんは外国語学習の上で

聴き取れないとはどういうことだと思いますか?

聴き取れないとは
自分の口から出せない音がある
ということです。

そこで本時は

少しの内容理解+書かれている英文を〈声に出して読む〉こと

を学習しました。

主な流れ

1️⃣1section分の単語や発音を一通り練習

2️⃣ロイロノートでそのsectionの内容を英語で説明(画面配信しながら)

【視覚で内容を理解】

3️⃣見聞きした英文➡︎日本文穴埋め

【文字で理解】

4️⃣多少の本文理解後、一度全員で本文音読

【音で理解】

5️⃣ペアワーク ペアでどれだけの時間で読めるか測り合う

 

目標は50秒以内!

一回目なので巡回しながら発音が難しい単語をピックアップ

6️⃣発音難単語を復習し、50秒以内を目標に自主練習

さっきの自分より読めるように練習中…

7️⃣いざ、もう一度!

8️⃣最後にbefore after で何秒だったか提出

みんな50秒をきろうと気合を入れて読んでいました。

やったー!

あー悔しい!

など楽しんでやっていました。

 

31人中

10秒以上タイムが短くなった人➡︎15人!

20秒以上タイムが短くなった人➡︎8人!

中には42秒縮まった人も😳

読みの練習はものの10分ぐらいしかありませんでしたが、

たった10分でこんなにも早く読めるようになったのは

友人と楽しく集中してできたからでしょう。

よく頑張りました👏

このように読む練習することで聴き取りができるようになってきます。

どのsectionでもこれを繰り返すので、何度も口に出して聞いた人があなたの音読を聞いて情景が思い浮かべられるぐらい練習しましょう。