blog

学校長 川並芳純「2020新年挨拶」

2020.01.01

 

学校長 川並芳純「2020新年挨拶」

 

校長の川並芳純です。

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

旧年中の本校教育活動に対するご支援ご協力に深く感謝申し上げるとともに,本年のご多幸を心よりお祈り申し上げます。

昨年も北蓼科高原体験学習・修学旅行・体育祭・聖徳祭等の諸行事は,保護者の皆さまご協力のもと無事成功裏に終えることができました。本校では,「ICTを活用した探究的な学び」「グローバル社会で生かせる英語教育」を軸に生徒一人ひとりの個性を伸ばし,自ら学ぶ態度を育成すべく先進的な教育に取り組んでまいりました。その成果は多くの学校行事の中で見られる生徒の発表・表現力の向上や,「英語スピーチコンテスト」「高校生の体験発表会」などさまざまなコンテストでの活躍として目に見える形で現れています。

令和元年九月に発表しました「学校法人東京聖徳学園における中等教育段階の学校改革について」の通り,本校は大きな転換期を迎えています。「和」の人間教育を基盤に,女子教育の成果を発展させることで在校生にとっても誇りとなる新しい共学校を作っていけるよう,皆さまのお声をいただきながら教職員一同教育改革に継続的に邁進してまいります。

伝統を継承しつつ,時代の要請に応える先進的な教育を推進し,さらなる飛躍を目指し生徒の希望進路実現に尽力してまいります。

本年も変わらぬご指導ご鞭撻をお願いいたします。

皆さまのご健勝をご祈念申し上げ,年頭のご挨拶とさせていただきます。

令和二年 元日
聖徳大学附属女子中学校・高等学校
校長  川 並 芳 純

 

 

 

 

 

掲載画像 (上)正門・時計台    (下)2020年1月1日 初日の出  松戸市梨香台より