COURSE進路CAREER EDUCATION

進路を考える前に、まず「社会」「仕事」を知る。
聖徳は、社会をのぞくためのさまざまな「窓」を用意しています。

JUNIOR HIGH SCHOOL中学校

  1. 中 1

    学習の大切さを考え、予習・復習も含めた学習の仕方を学び、目的意識を持って学習に臨む習慣を身に付けます。また効果的な英語学習により、楽しく英語でやりとりができるようになり、グローバルな思考力の向上のための基盤を形成します。

  2. 中 2

    職場体験等を通してさまざまな職業について探究し、仕事の厳しさや大変さを理解しながら、やり甲斐や生き甲斐を持って働いている人々への理解と共感を深めます。

  3. 中 3

    大学で学ぶ学問について理解し、進路実現の基盤となる能力を育み、高校入学後は進路選択に活用します。学習や生活の振り返りの意義を理解し、将来有効であろう記録をポートフォリオとして主体的に残すことができるようにします。

職業についての学習

興味を持った職業についての調査・インタビューによるレポート作成や、さまざまな職業についての講話を聞き、仕事に対する理解を深めます。

大学見学会

さまざまな大学を見学することにより、具体的に大学へのイメージを持たせます。
<見学校>
早稲田大学、慶應義塾大学、明治大学、東京女子大学、お茶の水女子大学、聖徳大学、等

卒業研究

中学の「調べ学習」の集大成。夏休みからテーマを決めて取り組み、レポートを作成します。そして、プレゼンテーションソフトを用いた発表を行います。

HIGH SCHOOL高等学校

  1. 高 1

    自らの適性を客観的に把握し、文系・理系・選択科目・資格取得等について適切な選択をしながら、自らの進路実現にアプローチしていきます。また、各職種と大学の研究内容との結びつきを理解していきます。

  2. 高 2

    社会が必要とする能力について再確認し、問題解決能力や思考力、表現力、対人関係処理能力向上の重要性を理解するとともに、大学入試に向けた具体的かつ現実的な学習計画を立て、その成果を成績に反映させていきます。

  3. 高 3

    大学進学後まで見通した計画を主体的に構築し、進路実現と自己実現を図り、学び続けることの意義を理解して未来へつなげていきます。

ジョブシャドー(職場体験学習)

NPOジュニア・アチーブメントを通して企業の協力をいただき、1日の仕事の内容を体験します。社員一人に対し、生徒一人が付く形で行います。

学習オリエンテーション

入学時から進路を見据えた学習の仕方や入試の仕組みはもちろんのこと、キャリア形成の方法と大切さも学びます。

出張授業/大学説明会

大学の出張授業や大学説明会を通して、大学への理解を深めます。

推薦入試に向けた指導

面接や小論文指導、志望理由書も含めて、繰り返し指導します。

大学入試模試

大学入試本番さながらの模試を受験し、自分の学力の伸長度を客観的に測るとともに、弱点を発見することで、学力の向上を図っていきます。