TEACHERS' DIARY

5年生数学の授業

大久保 雄貴2020.11.18

今日は5年数学の授業の様子を紹介します。

数学B 空間ベクトル

グループになって教科書を読み、練習問題を解きながら学び合いを行います。

数学では「教科書の解説文を読み取ること」はなかなか難しいですが、

学び合いの中でじっくり読みこんでいきます。

練習問題の解き方を解説してもらいます。

発表はロイロノートで行います。

iPadを操作しているのが発表している生徒です。
ほかの生徒のiPadには解説画面が映ります。
このような画面が映っています。

色ペンやポインターを使って、図形に書き込みながら解説できます。

聴いてる側も理解しやすいですね。

数学Ⅲ 微分法

先取り学習で高3の内容に入っています。

微分の公式の証明がどのように成り立っているか発表してもらっています。

解説スライドを作って発表してくれました。
こちらは教科書の証明を黒板に投影し、書き込んで解説しています。

どちらの授業でも大切にしていることは「解説を読んで理解する」ということです。

この能力が身につくと、家庭学習の中でぐんぐんと、効率的に数学の力を伸ばすことができます。

(逆にこれができないといつまでも同じ問題で立ち止まってしまうことに・・・)

楽しくやっていますが、しっかり受験にもつながっています!