TEACHERS' DIARY

美味☆探究

松本 美紀子2021.02.16

こちらは、千葉県松戸市にあります聖徳大学附属女子中高等学校です。

来年度より共学化し、校名を「光英VERITAS中高等学校」になります。

 

 

 

本校は様々な活動を主体的に行える学校です。

特に、「探究活動」の時間があり、自らテーマを設定して、研究を進めています。校内だけでなく、校外にも活動の場を広げています。

 

 

今日はその一例をご紹介します。

高校2年生の探究活動の紹介です。

 

キテミテマツドで行われた松戸No1料理人コンテストに応募したのですが、残念な結果になってしまいました。

 

しかし、ここから違うのが、本校生徒の熱意です。本校では、カフェテリア(様々なメニューを選択し、パワーチャージのできる場所) があります。そのカフェテリアのメニューに採用できないかと、創作した丼を提案してくれました。

 今まで、会食委員(カフェテリアを生徒が自治していますが、その中心の委員会)が、クラスなどからメニューの提案をして採用されてきた経緯はありましたが、作り方やオリジナルのメニューはありませんでした。初の試みです。

 カフェテリアにいる調理担当の方々も、レシピの出来映えに驚いていました。

会食委員の生徒が代表して、インタビューをしましたので、ご紹介します。

力作ですね。感心するばかりです。

 

ちなみに、普段のカフェテリアの様子です。

様々なメニューが提供されます。人気の麺類。

 

 

小鉢も選べて、セットでお得♪

 

 

カフェテリアは広いので、とても使いやすいです。

好きな席を選び、食事をします。

 

 

意外と人気なのが、売店コーナーです。放課後にも販売があります。

 

 

さて、話を戻しますが、「矢切の渡し丼」は、22()に採用が決まり、提供されます。

 

 

夢の実現というのは、自分で掴みにいくものだと改めて感じました。

 

矢切の渡し丼は、多くの人の口に入り、元気づけられることでしょう。

私も食べたいと思います♪