TEACHERS' DIARY

秋刀魚の日

伊藤 友望2019.10.07

今日の会食は、1年に一回のお楽しみ「秋刀魚の塩焼き」でした。

聖徳 秋の風物詩ともいえるお皿からはみ出る立派な秋刀魚です。

聖徳の生徒たちはみんな、きれいにお魚を食べることができます。

礼法での学びや食堂での会食を通して、

文化そして食べ物を大切にする心が育っています。

何より、旬のものを美味しくいただけることは幸せですね。

中には、頭しか残らないお皿も!すごい!

 

今年も美味しくいただきました!ご馳走さまでした。